日本共産党宮崎県委員会JCP MIYAZAKI
県議 前屋敷えみが行く
               えみろぐはこちら♪
県民のみなさんの思いを県政に届けます!

2016年 2月定例県議会
  前屋敷えみ議員が一般質問にたちます。

2月29日(月ようび) 午前10時より

    <質問項目>(予定)

    
●「TPP協定」大筋合意問題
    ●子どもの貧困対策と子育て支援

       保育料の無料化
       子ども医療費助成の拡充
    ●医療・介護問題
       地域医療策定構想
       介護報酬切り下げ問題
       国保の都道府県化(広域化)問題
    ●ヒヤリングループの設置
    ●知事の政治姿勢

       安保法制(戦争法)について

傍聴、または県議会のホームページからの同時中継で
おききください。




ここが違う日本共産党の4つの力

国いいなりでなく 暴走政治と対決
 ●消費税増税撤回や原発再稼働反対、集団的自衛権反対など、県民から出された請願の紹介議員になり、安倍暴走政権と正面から対決しています。
 →2014年県議会の請願は28件。前屋敷さんはその約8割で紹介議員になりました。

発言力を生かして 願い実現へ提案します
 ●県議会では年2回に一般質問が制限される中、議案・請願に対する発言回数はダントツです。


清潔な党だからこそムダをチェック
 ●県議会でただ一人、官官接待やシーガイアの県費投入に反対し、29億円の税金を取り戻しました。企業・団体献金を受け取らない共産党の県議だから、利権と縁がなく、県民の立場でがんばれます。


政治を動かす共同をひろげる
 
日本共産党は1971年国会で乳幼児医療費の無料化を国の制度にするように求めて以来、住民と運動を一緒に続け、県・市議会でくり返し要求。宮崎県では就学前まで無料です。
 ●前屋敷県議は、くり返しだされる30人以下学級を求める「請願」の紹介議員に。父母・教職員の運動を応援し、小1・2年、中1で35人以下学級が実現しました。

日本共産党宮崎県委員会 〒880-0021 宮崎市清水3-9-28 TEL0985-27-6666 FAX0985-29-8110
Copyright(c)2011日本共産党宮崎県委員会 JCP MIYAZAKI All Right Reserved